• ホーム
  • (株)ヨコオデイリーフーズ

(株)ヨコオデイリーフーズ

2023年12月31日

革新性求め学生レシピ こんにゃくパークが募集

就活ジャンプス

(株)ヨコオデイリーフーズ に関する記事が上毛新聞(2023年12月31日)に掲載されました。

 来年のオープン10周年を記念して、甘楽町小幡のこんにゃくパークが、学生レシピコンテストの作品を募集している。世界中の人が食べたくなる革新性をテーマに、食事部門、おやつ部門の2部門で審査し、3月上旬に結果を発表する。応募料理の一部はパーク内のバイキングに取り入れる予定で、レシピを書いたカードも配布してコンニャクの消費促進に役立てる。2月22日まで。 管理栄養士や調理師など、食の専門職を目指して関連分野で学ぶ高校生以上の学生が応募でき、未発表のオリジナルレシピが対象。板こんにゃく、しらたきなどの一般的な製品を使用し、加工済みの総菜やパンは不可。カロリーや糖質、脂質といった5項目の栄養価計算が必要となる。味や見た目のほか、健康食として栄養バランスも審査の対象とする。

 同パークはヨコオデイリーフーズ(同町、横尾浩之社長)が運営し、2014年にこんにゃく博物館を拡張して誕生した。同社広報によると、「こんにゃくが100年後も食べられように」というパークの理念に沿い、次世代を担う若者の関心を高めようと初めて同コンテストを企画した。問い合わせは同コンテスト事務局(☎050・4560・1778)へ。

2023年12月17日

甘楽の団地に新工場 ヨコオデイリーフーズ

就活ジャンプス

ヨコオデイリーフーズに関する記事が上毛新聞(2023年12月14日)に掲載されました。

 甘楽町は13日、昨年度から整備してきた中道第2工業団地(同町福島)の完成を受け、こんにゃく製品製造販売のヨコオデイリーフーズ(同町小幡、横尾浩之社長)に新工場の建設地として売却することを決めた。団地は同社が運営する工場見学施設「こんにゃくパーク」(同)の北東に近接する。

 同日の町議会12月定例会で関連議案が可決された。団地の面積は約3万7千平方メートル、売却額は約6億700万円。

 同社によると、新工場は2025年度までに建設する予定。こんにゃくを使った総菜や、レトルト食品などオリジナル商品の開発を担い、業務拡大に充てる計画という。

エントリー

※外部サイトに移動します