(株)クスリのマルエ

勤務地
中毛
東毛
業種
量販店
専門店

2024年1月5日

前橋中心市街地・プラザ元気21 フレッセイ28日閉店 マルエドラッグ進出計画

就活ジャンプス

上毛新聞(2024年1月5日)に(株)クスリのマルエに関する記事が掲載されました。

 前橋市中心市街地にある前橋プラザ元気21(同市本町)で、核テナントとして営業するスーパーのフレッセイが28日に閉店し、後継としてマルエドラッグが進出を計画していることが4日、関係者への取材で分かった。市とクスリのマルエ(同市樋越町、江黒太郎社長)は今月中旬にも賃貸借契約を結び、内装工事を進めて5月ごろの開業を目指す。市街地周辺の“買い物弱者”への影響を抑えるため、同社は調剤薬局や日用品販売以外に生鮮食品や弁当、総菜などの品ぞろえを充実させる考えだ。

 閉店するのはフレッセイ前橋プラザ店。店舗やバックヤードのある地下1階は約2340平方メートル、地下2階は駐車場で約2270平方メートル。4日、ホームページ(HP)や店頭の掲示で閉店の周知を始めた。 同店は、前橋プラザ元気21の開館直後の2008年3月から営業。大型店の少ない市街地に立地するスーパーとして同館利用者や近隣住民に重宝され、周辺の飲食店も飲料や食材の仕入れ・補充などに使ってきた。しかし売り上げは苦戦し、さらにコロナ禍で利用が激減し、撤退を余儀なくされた。 フレッセイ(同市力丸町、早川仁社長)は「市街地は当社創業の地であり、活性化に寄与したい一念だったので閉店は苦渋の決断だった」としている。

 関係者によると、閉店の意向は昨夏に市へ伝えられた。これを受け、市は他のスーパー各社に出店を打診したが、郊外型店舗と異なり、ファミリー層の利用やまとめ買い需要が見込みにくいなどとして断念。一方で、一部店舗で食品などの扱いを増やしているマルエが要請に応じて出店の意向を固めた。 マルエは新店舗で、野菜や精肉、米、卵といった生鮮食品、総菜、弁当、冷凍食品などの品ぞろえを充実。調剤薬局としての機能を備え、化粧品や日用品も多く取りそろえる見通し。同社は「出店予定地は近隣の買い物を支える地域インフラの側面もある。市内に本社を置く企業として市街地活性化に貢献したい」と説明する。

 市にぎわい商業課は、後継テナントとは出店に向けて最終調整を進めている段階だとした上で、「近隣住民をはじめ、元気21の利用者らの生活や利便性を損なうことがないよう、関係先と連携していきたい」としている。(石倉雅人)

2024年1月2日

創業70年超、豊かな生活と健康な暮らし提供

就活新聞

(株)クスリのマルエを紹介します。

■営業時間延長し利便性高める

 前橋市で創業、70年を超える歴史を持つ。「美と健康を提供する専門性」「利便性」「地域の健康づくりに貢献する地域連携」の3点を柱に、群馬県内を中心に「マルエドラッグ」と調剤店「マル工薬局」の58店を展開。調剤併設店を年5店舗ペースで増やし、地域のQOLに貢献している。 「お客さまの豊かな社会生活と健康な暮らしの提供」がホールディングスの共通理念。営業時間は22時までだったが、利便性を高めるため、24時まで延長する方針で、適用店舗を順次増やしている。ドラッグストアの営業時間内なら、薬局が閉まっている時間帯でも処方薬を受け取れる「お薬受け取りロッカー」は好評だ。

■1年目に「登録販売者」取得目指す

 総合職は半年間の研修で医療品や化粧品の知識、ビジネスマナーなどを学び、店舗に仮配属される。3カ月間、接客、レジ、品出し、商品の発注や棚の配置替えなどを経験した後、販売スタッフか化粧品担当として正式配属となる。 販売スタッフは商品販売、売り場づくりのほか、店舗のマネジメントにも携わる。売り場づくりでは知恵を絞った工夫の反応がすぐに表れ、やりがいにつながる。化粧品担当は価格も特徴も異なる多くに商品の中から、お客さまのニーズを引き出し、美を追求する手助けをする。薬剤師は処方箋に基づく調剤や医薬品の発注、市販薬の販売、接客などを行う。全員が1年目に「登録販売者」の資格取得を目指す。

■「自分らしさ」を尊重できる職場に

 12月からウエルシアグループに合わせて「身だしなみ規定」を大幅に変更。髪の色やネイルが自由になり、整えてあればひげも可能。自分らしさや多様性を尊重した新しいルールに変わった。 社員の健康管理に力を入れている。健康診断受診率は100%。要検査の場合は再受診しないと業務を続けられない。産休・育休から復職後、子どもが小学校卒業まで短時間勤務ができる。キャリアを諦めることなく、元気で長く働き続けることができる。