利根郡信用金庫

勤務地
中毛
北毛
西毛
業種
金融

エントリー

※外部サイトに移動します

2024年1月7日

お客さまの悩みに向き合う人材育成

就活新聞

利根郡信用金庫を紹介します。

■地域密着の老舗金融機関

 1916(大正5)年に創立した老舗金融機関。利根沼田地域では貸出金1位、預金2位のシェアを誇る。北毛地域を中心に県内16店舗を設けており、地域密着型の金融機関として、中小企業の困りごと相談や課題解決に取り組む。また、事業承継・創業支援や、資産形成のお手伝いなどのコンサルテイング業務も手掛けている。 2020年4月にはSDGs宣言を制定。シカの食害から尾瀬の植生を守るボランティア活動のほか、特殊詐欺撲滅運動など、持続可能な地域社会維持のためにCSR活動にも力を入れ取り組んでいる。

■入庫後のサポート充実

 新入職員は総合職として採用している。入庫後のサポートが充実しているのが特長。先輩職員が3カ月間マンツーマンでフォローしてくれるので、気軽に相談できる環境が整っている。また、新入職員教育に特化した営業店が6店舗あるので、住み慣れた環境で社会人生活をスタートできる機会もある。 同金庫は5〜6年かけて預金・融資・渉外など業務を網羅できる「育成プログラム」を導入。金融にあまり関係のない学部・学科・専攻を卒業した新入職員でも不安なく安心して勉強できる制度を設けている。 ライバルでありながらも地域活性化への思いを同じにする信用金庫同士の交流も活発で、他金庫の同期と切礎琢磨できるのも魅力。通信教育や外部研修が用意されているので、働きながらスキルアップも可能だ。

■課題解決に寄り添う人材を

 新型コロナウイルス感染拡大時には難しかったが、信用金庫の基本は「フェイス・トゥ・フェイス」。同金庫は対面での接客を通じて、お客さまの悩み事と向き合い、課題解決に向けて一緒に伴走できる人材を育成し、地域経済を支えている。

エントリー

※外部サイトに移動します