2024年1月7日

地域密着のスーパーマーケットチェーン

就活新聞

(株)とりせんを紹介します。

■ 鮮度にこだわる品揃えで高い信頼

 創業1912年。100年以上にわたり生活必需品の提供を通して、地域の人々の暮らしを支えてきた。「商業を通じて地域社会のお客様の為に奉仕する」を企業理念として、群馬・栃木・茨城・埼玉に合わせて61店舗のスーパーマーケットを展開。生肉を用いた挽肉など、「安全」と「新鮮」にこだわった鮮度の高い生鮮食料品の品揃えで、消費者から高い信頼を得ている。 また、自然環境保全にも力を入れ、LED照明によるエネルギー削減や、ノンフロン冷媒の冷凍・冷蔵庫の採用などに早くから着手している。

■長期教育制度と充実の福利厚生で支援

 32歳までは教育期間と位置づけている同社では、長い目で人材を育てる体制が整う。入社してからの約半年間は、人事総務部預かりで教育を受ける。初めに合宿研修で社会人としての基礎を身につけ、その後店舗にてすべての部門の業務を経験するというジョブローテーションを行う。将来、どの部署の管理職になっても対応できるよう、業務内容や幅広い知識を学ぶ。 配属後も、中堅社員向けの「とりせんジュニアカレッジ」で問題解決能力やキャリアアップのためのスキルを習得。3.5.7年経過の同期社員とグループワークを行う振り返り研修、部門ごとの研修など、入社年度や職種に応じた多彩な教育制度でステップアップを支援する。 各種休暇制度など福利厚生も手厚く、多くの従業員が育児短縮制度で子育てとの両立を図っている。やむを得ず退職する場合でも、復職できる「復職エントリー制度」も備える。

■「誠実・信頼・努力」を体現できる人

 同社では、社是である「誠実・信頼・努力」を体現できる人を求めている。採用試験では、一般常識や基礎学力を問う筆記と適性検査、個人面接を実施。特に面接を重視し、コミュニケーション能力や、誠実さ、努力家の面などを高く評価する。人と接する中で成長していきたいという人には最適な職場と言えるだろう。