• ホーム
  • ファームドゥホールディングス(株)

ファームドゥホールディングス(株)

2024年1月7日

次世代へつなげる「新しい農業のカタチ」を提案

就活新聞

■安心で豊かな生活を創造

 農業と再生エネルギー事業での社会貢献を実残する企業。小売では、農産物・特産加工物の県内直売所「食の駅」、首都圏に新鮮な野菜を届ける直売所「地産マルシェ」の店舗運営・展開のほか、農業と福祉連携の「植物工場」などを運営。再生エネルギー事業では、未利用地を活用した農業と太陽光発電を組み合わせた「ソーラーファーム®」を普及促進、そのほか風力・小水力発電なども展開する。事業を通じて地球環境に貢献し、安心で豊かな生活を創造していく。

■農業・食・環境で社会貢献

 採用職種は総合職で、入社後に店舗・農業研修などを実施し、希望を聞いた上で農業・小売・環境分野で本人に適した配属先を決定する。OJTを中心に先輩たちの指導を受けながら社会人としての自立を促す。研修や資格取得の支援制度も整う。途上国などへの技術提供により温室効果ガス排出削減を促進する環境省」CM(二国間クレジット制度)として、モンゴル、チリで農業や太陽光発電事業を実施。広がる事業に対応するため、グローバルな人材採用も行っていく。過去5年で新卒採用を積極的に行なってきたため、20代の社員が多いのも特徴の一つになっている。

■「地域未来牽引企業」の役割を果たす

 「夢のある新しい農業のカタチ」を次世代へつなげていくことが企業ミッション。経済産業省「地域未来牽引企業」の選定企業として社会での役割を果たす。採用職種は「総合職」。農業や太陽光の知識がなくても「農業・食・環境」への関心を持つ学生を積極的に採用している。昨今は農業・環境問題への高まりから、理系学生や県外出身学生のエントリーが増えている。農業・小売・環境いずれも専門職だが、農家や行政など地域との連携に取り組む上ではコミュニケーション能力が必要。会社と共に成長していくことのできる人材を求めている。