丸三証券(株)

勤務地
中毛
北毛
東毛
県外
西毛
業種
金融
証券

2024年1月8日

県内4店舗、自主独立を買き、110年余りの社歴を築く

就活新聞

丸三証券(株)を紹介します。

■「社員一人ひとりが自主営業を実践

 創業から110年余り、自主独立と堅実経営を貫き、業界の中で独自のポジションを築く東証プライム上場の中堅証券会社。 「お客様ありき」の信念による「自主営業」というスタイルの実践を大きな特徴とし、個々のお客様に最適なコンサルティングセールスを自ら主体となって企画する。こうした営業スタイルと投資信託の残高を増やす戦路が奏功し、市況変動に左右されにくい安定した経営基盤を確立した。同社が公表している「比較可能な共通KPI」の中の「運用損益別顧客比率」によると、運用損益がプラスになっているお客様の比率は対面証券の中でも高い水準である。 また、全国29店舗中、群馬県内に伊勢崎・太田・館林・沼田と4店舗を有し、重要拠点という点も要注目だ。

■地元群馬でキャリアアップ

 同社の職種には、総合職とエリア職Eの2コースがある。総合職は3〜5年サイクルで異動し、幹部キャリアへの道を歩む。一方、エリア職Eは同一エリア内で営業専門職としてプロの証券営業員を目指す。両コースとも丁寧な研修で自主営業のスタイルと専門知識を学ぶ。配属先では、数年上の先輩によるマンツーマン指導が受けられるコーチャー制度がある。気軽に相談ができ、経験豊富なコーチャーから的確なアドバイスを受けられる。 エリア職Eは、定時勤務が基本。リフレッシュを奨励し、連続特別休暇やアニバーサリー休暇などの取得が可能。育児休業などの福利厚生も充実している。将来的に総合職や歩合外務員への道も選択できることも魅力の一つである。

■「にんげん証券」で活躍を

 同社のキャッチフレーズ「にんげん証券」に表現される企業文化が特色で、いついかなる場合にもお客様に対して奉仕する心を失わず、「お客様の利益」を最優先し、自ら考え行動できる人材が求められる。面接では、これまでの人生の振り返りを通じてコミュニケーション能力や誠実さ、信頼される人柄などがチェックされる。