ヤマト発動機㈱

2024年1月8日

日本のボートレースを支える専業メーカー

就活新聞

ヤマト発動機㈱を紹介します。

■業界唯一の技術力が強み

 創業67年目を迎える、ボートレース用機材の専業メーカー。全国24か所のボートレース場と養成所で使用されるボートやモーター、プロペラ、発着用ピット、ユニフォーム等の研究開発から製造販売、アフターケアまでを一貫して手掛けている。 レースは、年間約1600隻を出荷。公平公正なレース運営のために唯一の仕様・規格に定められており、高レベルの均一性と安定的な供給が求められる。新素材を活用したレース艇の研究開発やモーターのカーボンニュートラル化に挑戦するなど、最新技術を積極的に取り入れ、業界全体の発展に貢献している。 業界唯一の専業メーカーであり、完成品メーカーであることから社会的責任は重いが、それだけにやりがいも大きい。高い技術力で公営競技をサポートする陰の立役者だ。

■各部門のエキスパートを育成

 メインとなる職種は研究開発。入社後1か月は社会人としての基礎知識や業界知識などを学ぶ。ベテラン社員と共にレース艇へ乗艇する「乗歴訓練」もあり、実際のレース環境を体験し、製品への理解を深める。 部門配属後は社員一人ひとりに合わせたカリキュラムを作成。社外の教育制度も積極的に活用し、資格取得もサポートする。 同社が保有する野球場では社内レクリエーションや地域の野球大会などを開催。育休取得者の復帰率も100%と高く、働きやすい環境が整っている。

■最先端技術で未来を切り拓く

 求める人材は、ものづくりへの情熱を持ち、困難な場面でも諦めない人。飽くなき探究心こそが同社の技術力の源であり、信念を持って取り組む姿勢を高く評価する。 また、高品質で先進的な製品を生み出すためには、部門間の連携や社員同士の協力が重要となる。言葉ではなくとも熱い想いを全身で伝える意欲のある人材を募集する。